カラコンは度ありか度なしか

従来のカラコンは度なしが多かったので、視力が悪い人にとっては楽しめないアイテムでした。しかし、現在では視力矯正の度ありのカラコンも増えているので、視力が悪い方でも着用してオシャレを楽しめます。現在は度なしと度ありが購入できますが、この中から選ぶときには2つの判断ポイントがあるので紹介します。

まず、1つ目は自分に合った矯正度数を把握することです。そもそも視力が悪くない人は度ありを選ぶ必要がありません。そのため、事前に視力を把握しておくことが大切です。自分に合う矯正度数を把握するためには、PWRを知りましょう。PWRは眼科に行くことで専用の機器で計ってくれます。正確に視力検査をすることで自分に合う正しいカラコンを選ぶことができます。

続いて、2つ目はコスパで選ぶ方法です。度なしと度ありでは価格が異なると言われています。基本的に度なしよりも度ありの方が高くなる傾向にあるので、コスト面も考えて選ぶようにしましょう。

このように、選ぶときには度ありか度なしかについて考えることで、自分に合うカラコンを手に入れられます。安心して使うためにも基礎知識を身に着けておきましょう。そうすることで、より良いカラコンが選択できる場合があります。